なんだかんだファイナルファンタジーが15まで続いてるのは、

毎回ナンバリングで世界観とシステムを刷新して、

召喚獣とか、

『自然災害の象徴』を暗喩したものと戦ってるからじゃないだろうか?ってふと思った。

 

 

刷新するのは、

地震とか津波で、土地が若干リセットされるから。

 

昔の人が、災害はもう起こらないで下さいって祈るのと、

タイタンやリヴァイアサンと戦うのは似ている?のかなーって思う。

 

 

ゼルダの伝説も、

ガノンっていう、倒しても倒しても復活する厄災と戦ってる。

 

 

オブリビオンやスカイリムはどうだろう。

今はVまで。

世界は繋がってる。

エルダースクロールシリーズは何と戦ってるんだ。

ゲームじゃないけど、

スターウォーズは9部構想。

 

 

アメリカ人は歴史が浅い国だから、

歴史がある国に憧れるって聞いた。

 

 

だから歴史物作ってるのかなって思う。

アバターとか、星の設定全部作ったりして。

 

 

指輪物語は6部作、ハリー・ポッターは7巻まで。

やっぱ10作越えるのって難しいのかなぁ。

 

 

FF10とか顕著に自然災害と戦ってて、

プレステのFFでやりたかったことの集大成だと思う。

 

 

GTAシリーズは今V。

世界観は繋がってないらしい。

これはアメリカの西海岸のせい?

あそこもちょこちょこ災害起こるから。

あ、少し矛盾してきた。

 

 

アメリカで続いてるのはCALL OF DUTYシリーズか。

なんつー皮肉。

戦争のシリーズが長続きするなんて、まさに象徴。

正確にナンバリングはつけてないけど、

戦争大好き感が出てる。

 

 

だからなんとなく、日本人が作るものって『自然災害』と戦ってて、

欧米人の作るものは、

魔法使いとか、なんか『人間が繰り返す過ち』と戦ってる気がするんだけど、

違うかなー?

 

指輪がどんどん受け継がれたりするところとかさ。

とりあえず作ったけど、使う人は正しく使ってちょーだいねって。

 

 

イギリスだと007?

スパイモノ?

これも滑稽というか、

調子のいい外交を繰り返したりするイギリスを象徴してるような。

 

 

ドラクエは日本でしかヒットしてないのであんま書かなかったけど、

堀井雄二さんっていう職人さんが丹念に作ってて、あんまり進化もしない。

むしろ進化したら怒られるくらいの。

 

未だにフローラかビアンカって論争してるのとかって、

凄いことだと思う。

 

 

小説だと長く続いてるのあるのかなー?

寅さんとかは何作だっけー。

 

 

そうそう、自然災害と戦いながら、

元寇とかで神風が吹いて自然の力が国を守ってくれるのも、

俗説にしたって、

なんか神がかってる気がしません?

 

 

 

後付にしたって、たまにはそう思わせてくれよ的な。